制服の個人売買

制服の個人売買について書いて起きます。最近は制服買取が少しずつ話題になってることもあって、卒業してすぐに売るとか、数年してから売りに出す人も増えてるようです。
私立の制服でないとほとんど売ることできませんが、そんな私立学校の制服を売る方法として安心に売れるのは制服買取店です。
金額的には個人売買のほうが魅力あることもあります。

高く売るためには個人売買

やはり業者へ売るとなればその業者の利益が差し引かれるため、個人売買と比較すれば手に入るお金は少なくなります。では、個人売買はどうやってやるのが良いでしょうか!?

大手オークションは厳しい

数年前までは有名なオークションサイトでも制服が盛んに売買されていました。業社も出品してましたが、個人でも出品してる人が多くいました。しかし、最近では制服の出品自体に規制がされてるためなのか、出品者は激減しています。

では、どうするかですが、制服販売オークションサイトがあります。
そこへ出品することで個人売買で制服を売ることができます。

リスクも手間もある

一見すると個人売買って良さそうな気がするかもしれません。
でも、実態は個人売買ってすごく手間もかかるし、個人取引なのでリスクがあります。

相手と直接やり取りしなくちゃならないため、相手へ自分の本名・住所が知られちゃいます。そもそも制服を売ることへの抵抗が少なからずあるはずなのに、直接個人取引するとなれば、制服を売ったことが第三者へ漏れる可能性もあるんです。

そんだけのリスクを負ってまで高く売りたいと考える人なら個人売買をオススメします。

制服買取業社と個人売買でどんだけの差になる!?

では、制服買取業社へ売った場合と、個人売買で売った場合の金額の差がどのくらいあるのかですが、目安として2割~5割くらい高く売ることができるかもしれません。

ただ、これはあくまで目安になっちゃいます。

しかも、成功した場合の金額であって、制服売買初心者だとこの金額で売れる保障はありません。
というのも、個人売買で自ら出品するとなれば、まずはアカウント自体を育てなくてはならず、いきなり個人が1つの制服だけを出品しても思った金額で売れないことが多々あります。
つまり、わざわざ1校の制服を売るために相当な手間をかけてもムダになりかねないのです。個人間取引のリスクを負ってまでしてやるほどではないのが、制服の個人売買です。

こんな場合は制服個人売買へ挑め

あなたの周りの友人・知人から制服を集めてまとめて出品しちゃう!
もちろん、手数料だったり報酬をもらうことを約束しておきます。
何校も売れる制服をラインナップとして持ってるなら、個人売買するだけの手間をかえても元が取れるでしょう。

ゆっくり時間をかけて売買していけば、かなり高額で売れる可能性もあるはずです。
ある意味ちょっとした業者的な動きをとれるなら、個人出品してみるのがオススメです。