着なくなった制服は買取利用で売却だ

クローゼットにしまってある制服があるんだけど
これを何とかして処分したいと思ってるなら、
この際、「制服買取」を利用してみてはいかがでしょうか。

まさか卒業しても制服を着用することはほぼありません。

最初のうちは着ることもなくはないかもしれませんが、
数年もすれば着ることはなく、完全に学生時代の思い出の品となります。

そんな制服ですが処分するとなれば、単に「捨てる」「売る」「誰かにあげる」です。

制服買取店を利用して売っちゃう!

どんな制服が売れる!?

高く売れる制服は有名私立女子の中学・高校の制服です。

地元で有名進学校だったり、制服が可愛いと評判の私立中学・高校なら高額査定に期待できます。

有名デザイナーさんが手がけてる制服も高く売れるでしょう。

公立学校の制服でもデザインに特徴ある制服なら買取してもらえます。

 

オススメの処分方法は制服を専門に扱うお店へ売る方法です。

くれぐれも自宅近くのリサイクルショップやブランド買取店へ持っていくのはダメです。

ほぼほぼ相手にしてくれませんし、仮に人気校ということで買取に応じてくれたとしても
買取金額は制服の買取専門店と比べると話にならないレベルの金額です。

制服を「高く・安心して」買取してもらうコツ

 

制服を売るとき「どこに売るか!?」というのが最大のポイントとなってきます。

売り手としてできるだけ高く売りたいと考えますが
単純に高い店というだけではなく、安心して高く売れる店を選びましょう。

理由は、制服の買取を利用するにはあなたの個人情報を提供する必要があるからです。

 

評判の制服を高く買取してくれる店はココだ!

 

 

こちらの店は価格も高いし下記項目の条件を満たしているため、安心して利用することができます

 

とくに強化買取一覧に載ってる学校の制服を売ろうとお考えなら高額売却のチャンスです。

 

この買取店の特徴

◎安心の古物商許可店だし法人運営のため個人情報を適正管理してくれる

◎買取価格が他の店と比べて高い傾向にあるため手元に残るお金が多くなる

◎送料、手数料等すべて無料

◎制服を送ってから買取価格が下がる場合、キャンセル無料だし送料も無料

公式サイトへ

 

MEMO
いきなり査定依頼するのではなく、他の店2~3店で査定してもらい、大体の買取相場を把握してから最後に問い合わせするのがオススメです。

その際に他店で査定してもらった金額を提示して、その金額以上なら売るということで交渉してください。

そうすればかなりの確率で高額査定してくれます。

 

デメリットって無いの!?

買取業者へ売る場合だと、直接個人売買するのに比べると売値は安くなることがほとんどです。直接売るということはそれなりのリスクもあるため、安心して高く売りたい人にはオススメですが、多少のリスクを取ってでも高く売りたい人には買取業者利用はオススメできません。

制服の売却は古着扱い

制服の買取を利用することになれば、中古品の売買となるため古着の扱いと同じ取引となります。
中古品売買には古物の法律に基づいて取引がされる必要があり、
買取主は売主の身分証などを「確認、保管」しなくてはなりません。

つまり、あなたの個人情報が制服を売った業者へ流れるということです。

これってすっごく不安なことじゃないでしょうか!?

というのも、制服の買取業者のなかには法人のところだけでなく
個人として買取してる業者もたくさんあります。

一概に個人がNGというわけではありませんが、
責任の所在が不明確であったり、もしも個人情報が漏れた場合の対応に不安が残ります。

ましてやマンションの一室で営業してるようなところもあり
そういったところへ売るのは抵抗があるというクチコミが多数あります。

どこをチェックすべき!?制服買取店選びのポイント

まず、制服を専門に扱う店を使うのが基本となります。

上述したように制服をブランド店や貴金属買取店へ売るのは難しいですし
仮に売れたとしても金額が相当安くなってしまいます。

高く売るためには、制服の売買を得意としている店を使わなくちゃダメです。

 

制服買取専門店のなかでも売るべき店の基準ですが

・法人であること
・責任者が明確であること
・所在地がきちんとしたオフィスであること
・連絡したときの対応がきちんとしていること

こういったポイントで売却先を選べば失敗を防げます。

業者のなかには、電話番号が記載されてないところもあります。

「これってどうなんでしょう!?」

まともに連絡も取れない業者と取引しても嫌な思いをしそうで怖いです。

 

制服の売却金額の確認から売り方まで

制服の買取相場を確認する方法ですが、
売りたい制服の「学校名・サイズ・セット内容」がわかれば査定できます。

 

学校指定のモノはすべてまとめて売る

できるだけ高く売るために、夏・冬の上下セットで売るのは当たり前ですが
カバン、校章、ブラウス、指定の靴下など、学生時代に使っていた小物等含めて
すべてを一緒に売るようにしましょう。

 

その他、部活で使用していたモノなどあるなら
それらもまとめて査定してもらうのが良いでしょう。

なかには、マニア受けするアイテムがあったりするようで
価値がないと思っていたモノが予想以上の金額で引き取ってくれることもあるようです。

 

査定金額の捉え方

買取業者からの査定金額ですが
お店によって高めの金額を出してくるところもあれば
適正価格を出してくる店もあります。

 

大事なことは実際に売れる金額を知ることであり
「買取上限額」ではありません。

 

買取上限額は注意

たとえば、「●●学校の買取上限額~10万円」となっていたとします。

売り手としては10万円近くで売れると思いますが
制服を実際に送ってみたら汚れがあるとかホツレがあるということで
1万円ですと言われちゃうこともあります。

 

送ってからキャンセルできる店を使えば問題ナシ

制服の買取金額はネット上の査定だけでは本当の金額はわかりません。
このことはどこの業者を使っても同様です。

 

しかし、ハナから高めの金額を伝えておき、実際の買取金額を下げる傾向の店と
本当に買取できる金額を提示してくる店があり、後者を使ったほうが満足度は絶対的に高くなります。

 

後者のようなまともな業者の見つけ方ですが、
送ってからのキャンセル料の有無を確認するだけでOKです。

 

本査定後のキャンセル料の有無がポイント

買取店のキャンセル料を確認してから送るようにしましょう。

 

キャンセルについて明確な条件がなければ怪しいため
業者へ確認しておくのが良いでしょう。

キャンセルの流れ

メールなどで買取査定してみたところ、満足できる金額が出たとします。

その金額で売れるならということで業者へ制服を送ってみたところ、
本査定で金額を大幅に下げられたとします。

キャンセルしたいと申し出たときの対応を確認しておきましょう。

 

キャンセル料がナシ、送料も業者負担のお店なら合格です!

こういったお店なら、仮の査定金額より下がってしまうこともあるかもしれませんが
最初から高めの金額を提示していることは考えられません。

安心して売れる店と言えます。

本査定金額に不満ならキャンセルすれば良いでしょう。